LINE掲示板は使っちゃダメ!その理由とは?〜宮城編〜

MENU

LINE掲示板の宮城友達募集掲示板で、女友達との出会いを探してみた結果in東京

宮城で女の子と出会いたい!LINE掲示板で探してみよう

宮城の塩釜市に出張で来ています。海のそばでなかなか気持ちのいいところですよ。

 

ただし、仙台まで遠いし遊ぶところがありません。ここまで風俗がないのなら、素人の女の子を狙うしかありませんよね。

 

そこで思い付いたのが、出会いツールで有名なLINE掲示板。たぶん地元の女の子がいっぱい利用しているはずです。

 

期待に胸膨らませつつ、LINE掲示板を開いてみたのですが・・・。

 

LINE掲示板『チャットトークde探そ』を使ってみたところ

最初に見つけたのは、『チャットトークde探そ』というLINE掲示板です。

 

めがねっ子がフロントページに使われていたので、ついアクセスしてしまいました。

 

昔からめがねをかけた女の子に弱いんですよね。掲示板を開いてみると、結構たくさんの女の子が画像を貼り付けています。

 

胸をさらけ出してる子は危険なので(だいたい業者w)、そうじゃないVサインでポーズを取っている20代前半・亜里沙ちゃんへメッセージを送ってみました。

 

なんと、5分で返事が届きましたよ。ちょっと早過ぎるんじゃ?

 

『メッセありがとーう!こっち住みの人?』
『いや、ボクは東京から来てるんです。2週間ほど塩釜にいるので、その間一緒に遊んでくれる子を探していたんですよ。』

 

『そうなんだぁ〜、、いい子見つかった?』
『まだ全く。というか、亜里沙ちゃんが初めてです。』

 

『あはは、なるほど〜。で、どんな感じ?』
『なにがですか?』

 

『亜里沙のことよ。気に入ってくれた?』
『まだ会ってないし・・でも明るいし楽しそうな人だなと思ってます。』

 

『あはは、確かに明るいしエロいよぉ〜っ!』
『エロいっ!?それはいいですね〜』

 

結構盛り上がってしまい、これならイケるんじゃないかと思って、誘ってみました。

 

当然OKの返事をもらえるものと信じていたのですが・・。

 

『じゃあ亜里沙ちゃん、ボクと食事に行ってもらえませんか?』
『えっ、マジで言ってんの?』
『そうですよ、そのつもりで探してたんですから。美味しい物食べに行きましょう。』

 

『ムリよぉ〜、勤務時間中だもん。』
『お勤め中なんですか?』
『うん。食事なしなら付き合ってあげられるけど。』

 

『勤務中なのに?』
『そういう勤務だからww』

 

性格は本当にいい子なのでしょう。援デリに勤めてることを笑い飛ばせるなんて、なかなかないですからね。

 

でも、業者の女の子を相手する気はさらさらありません。後ろ髪を引かれつつ、連絡を入れるのを止めることにしたのです。

 

LINE掲示板『無料ID交換出会い』を使って女の子とやり取りしてみたものの

2つ目に利用したLINE掲示板は、『無料ID交換出会い』というところ。

 

開いてみると、遊び友募集とか、ヒマな人募集とか、女の子の投稿がいっぱいありますよ。

 

使われている写真も、胸を放り出したようなものはなく、ちょっとリアルな感じがいいですね。

 

その中からひとり選んでメッセージを送ってみました。名前は、愛理ちゃん。

 

24才みたいですよ、塩釜に住んでいる子なら近くていいんですけどね。

 

『初めまして、仕事で塩釜市に来ています。どこ住みですか?』
『もし近かったら一緒に食事でもしませんか?お返事待ってます。』

 

20分で返事が届きました。これは脈ありかも?

 

『連絡ありがとう!塩釜ですか、私は隣りの多賀城市で働いてます。すぐに行ける距離ですよ。』
『うわぁ、それはラッキーです!ぜひ会ってください。』

 

『はーい。じゃあいろいろ決めましょうか。』
『待ち合わせ場所ですか?土地勘がないのでお任せしますが。』

 

『それもだけど、もっと大切なことを決めておかなきゃ。』
『なんですか?』
『宮城のレートは、ゴムありでニーゴなんですよね。だいじょうぶかな?ニーゴで。』

 

ああ、やっぱり割り切りですか。いや、もしかしたら援デリ業者かもしれません。

 

宮城まで来て、プロ女性に相手してもらおうなんて気になれませんよ。

 

『お金を支払う気はありませんし、売春は犯罪ですよ。捕まりますよ。』

 

このメッセージには返事が来ませんでした。なんともやり切れない気分になっただけです。やはりLINE掲示板には手を出さないほうが無難ですね。

 

真面目に仕事だけして帰りました、、、(涙)